2018 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

III. Fission Energy Engineering » 304-1 Thermal Hydraulics, Energy Conversion, Energy Transfer, Energy Storage

[1H01-08] Melt Behavior 1

Wed. Sep 5, 2018 10:00 AM - 12:00 PM Room H (B32 -B Building)

Chair:Masahiro Furuya(CRIEPI)

10:45 AM - 11:00 AM

[1H04] Advanced Multi-Scale Modeling and Experimental Tests on Fuel Degradation in Severe Accident Conditions (1)

(No.4) Development of modeling for oxidation and hydrogen uptake of Zircaloy

*Saishun YAMAZAKI1, Anton PSHENICHNIKOV1, Yuji NAGAE1, Masaki KURATA1, Kan SAKAMOTO2, Kazuyuki TOKUSHIMA3, Masaki AOMI3 (1. JAEA, 2. NFD, 3. GNF-J)

Keywords:BWR fuel bandle, oxidation, hydrogen uptake

本研究では、被覆管の水蒸気が枯渇した条件での被覆管の酸化、及び水素吸蔵現象をモデル化することを目的とし、異なる2つの水蒸気供給速度による酸化/水素吸蔵挙動の違いに係るデータを取得した。

これまで被覆管1本での酸化/水素吸蔵挙動を把握し、モデル化を進めているが、BWRではチャンネルボックスの酸化をモデルに考慮する必要があると考えられる。そこで、被覆管4本の周囲にチャンネルボックスを配置した試験体を用いて、1300℃で酸化/水素吸蔵挙動試験を実施した。水蒸気供給量が少ない場合、試験体チャンネルボックス内上部にて酸化膜が減少するとともに水素吸蔵量が増加し、被覆管1本での試験で認められた酸化/水素吸蔵挙動と同じ傾向が見られた。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password