2018 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

V. Nuclear Fuel Cycle and Nuclear Materials » 503-1 Reactor Chemistry, Radiation Chemistry, Corrosion, Water Chemistry,Water Quality Control

[3C10-13] Radiolysis 2, Corrosion Chemistry

Fri. Sep 7, 2018 2:45 PM - 3:50 PM Room C (B21 -B Building)

Chair:SHINYA MIYAHARA(Univ. of Fukui)

3:00 PM - 3:15 PM

[3C11] Estimation of Dependence of OH Scavenging by Halide Ions in Seawater Systems on Salt Concentrations

*Ryuji Nagaishi1,2, Ryo Kuwano1, Takafumi Kondoh2, Masao Gohdo2, Yoichi Yoshida2 (1. Japan Atomic Energy Agency, 2. Osaka University)

Keywords:Seawater, Halide ions, Hydroxyl Radical (OH radical), Scavenging Reactions, Salt Concentrations

海水由来の塩分が水の放射線分解に起因する水素発生及び腐食に重大な影響を及ぼすことは福島第1原発(1F)事故以降、実験化学的に明らかとなっているが、純水や希薄水溶液系でのデータを入力した反応計算で、これらの影響を矛盾なく予測するのは依然として困難である。これは、計算の入力値である水の分解生成物のプライマリG値と同様に、水溶液中で起きる全ての反応(速度)が水溶液の塩濃度に依存するためである。本研究では、海水中のキー反応であるハロゲン化物イオンによる水酸化(OH)ラジカル捕捉を対象に、この反応の塩濃度依存性を速度論的に評価して、捕捉剤のハロゲン化物の種類の影響や、イオン雰囲気での反応の律速(補正)因子等について議論した。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password