2018 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

V. Nuclear Fuel Cycle and Nuclear Materials » 503-1 Reactor Chemistry, Radiation Chemistry, Corrosion, Water Chemistry,Water Quality Control

[3C10-13] Radiolysis 2, Corrosion Chemistry

Fri. Sep 7, 2018 2:45 PM - 3:50 PM Room C (B21 -B Building)

Chair:SHINYA MIYAHARA(Univ. of Fukui)

3:30 PM - 3:45 PM

[3C13] Corrosion Property of PCV Equivalent Material under Simulated Severe Accident Condition Containing Iodine Gas

*Hiroko Nakano1, Tomoaki Takeuchi1, Noriaki Hirora1, Kunihiko Tsuchiya1 (1. JAEA)

Keywords:severe accident, PCV, carbon steel, Iodine gas, corrosion property

福島第一原子力発電所(1F)事故では、冷却機能を喪失した炉心で核燃料が溶融・落下したと推測され、格納容器内は、窒素、水素、水蒸気、酸素及び核分裂生成物の混合ガス等で暴露されたことから、格納容器材料の腐食が懸念される。しかしながら、これらの雰囲気に暴露された1F格納容器材料の表面状態はまだ詳細に観察されていない。本研究では、1F格納容器槽東西として炭素鋼SPV355及びオーステナイト系ステンレス鋼SUS304について、腐食性の高いヨウ素ガスに着目し、過酷事故環境下におけるこれらの材料の腐食特性を調べた。ヨウ素及び水蒸気の混合雰囲気で1000℃×96時間暴露した結果、SPV355は表面全体が腐食し、炭素等の析出、SUS304は不均一ではがれやすい酸化皮膜が形成されていることが観察された。また、断面観察により、SPV355の腐食層暑さはSUS304と比較して約4倍厚いことも観測された。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password