2019 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

V. Nuclear Fuel Cycle and Nuclear Materials » 505-2 Waste Disposal and Its Environmental Aspects

[1C01-07] Waste

Wed. Sep 11, 2019 10:00 AM - 11:55 AM Room C (Common Education Bildg. 1F C13)

Chair:Keiichiro WAKASUGI(Tokai Univ.)

11:30 AM - 11:45 AM

[1C07] Effect of Partitioning and Transmutation of Minor Actinoids on Long-Term Safety Assessment of High-Level Radioactive Waste Repository

*Takumi Ojima1, Daisuke Kawasaki1, Satoshi Yanagihara1 (1. Univ. of Fukui)

Keywords:High-Level Radioactive Waste Disposal, Minor Actinoid, Partitioning and Transmutation, Post-Closure Long-Term Safety Assessment

分離変換技術の導入により長寿命マイナーアクチノイド(MA)のインベントリが削減され、高レベル放射性廃棄物処分の負担が軽減できることが期待される。しかし、第2次取りまとめ(JNC-TN1400 99-022)のレファレンスケースでは、分離変換技術によりMAのインベントリが削減されても最大被ばく線量率への影響はなかった。本研究では、多様なサイト環境条件において基本・変動シナリオを対象に処分場閉鎖後長期の安全評価解析を行い、MA分離変換技術による被ばく線量率への影響を整理した。岩種や動水勾配の異なる複数の母岩を対象に、従来の再処理で発生するガラス固化体中の核種インベントリと分離変換技術導入時の核種インベントリを用いて安全評価解析を行い、最大被ばく線量率を比較した。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password