2019 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

III. Fission Energy Engineering » 301-1 Reactor Physics, Utilization of Nuclear Data, Criticality Safety

[1J01-04] Development of Methodology 1

Wed. Sep 11, 2019 10:00 AM - 11:00 AM Room J (Common Education Bildg. 2F D22)

Chair:Satoshi Takeda(Osaka Univ.)

10:15 AM - 10:30 AM

[1J02] Compression of Macroscopic and Microscopic Cross Section Table for Heterogeneous Core Calculations using Dimensionality Reduction

*Masato Yamamoto1, Tomohiro Endo1, Akio Yamamoto1 (1. Nagoya Univ.)

Keywords:Macroscopic cross section, Microscopic cross section, Heterogeneous assembly calculation, Dimensionality reduction, Heterogeneous core calculation

空間・エネルギーに対して解像度の高い炉心計算で用いられる断面積テーブルは、データ量が膨大になることからデータの圧縮が望まれる。本研究では、まず一般的なケースマトリックスに対する燃焼計算・ブランチ計算を含む単一集合体計算を実施した。そのときに得られた物質領域単位の多群巨視的・微視的断面積に対し、特異値分解及び低ランク近似を用いた次元削減を適用することで、断面積データの圧縮を試みた。圧縮後の断面積を用いて集合体計算を行い、実効増倍率及び中性子束の計算への次元削減の影響を検証した結果について報告する。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password