2019 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

III. Fission Energy Engineering » 301-1 Reactor Physics, Utilization of Nuclear Data, Criticality Safety

[1J01-04] Development of Methodology 1

Wed. Sep 11, 2019 10:00 AM - 11:00 AM Room J (Common Education Bildg. 2F D22)

Chair:Satoshi Takeda(Osaka Univ.)

10:30 AM - 10:45 AM

[1J03] Application of Active Sub-Space Method to Nuclear Data Integral Testing③

*Daichi Imazato1, Chiba Go1 (1. Hokkaido Univ.)

Keywords:Integral Data, Singular Value Decomposition, Active Sub-Space

核データの検証の際には用いる積分データ群の独立性が影響する。積分データ群の独立性を定量化する手法として特異値分解と直交射影、また有効部分空間の概念を用いることが有効であることを2019年3月の原子力学会春の年会にて示した。今回は効率的な積分データ群の使用のために、核データの検証に用いる際にどの積分データを選ぶべきか、有効部分空間と直交射影を用いたプログラムにより定量化した。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password