The 141st Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan (Hiroshima)

Presentation information

Oral Presentation

(A) Organic Chemistry

[27V03-pm] アミノ酸・ペプチド①

Sat. Mar 27, 2021 1:15 PM - 3:03 PM [Room V03] Oral Presentation 3 (Online)

座長:栗山 正巳(長崎大院医歯薬)、平井 剛(九⼤院薬)

1:39 PM - 1:51 PM

[27V03-pm03S] Development of the thioether-forming reaction between Cys and Trp using S-protected cysteine sulfoxide

○Daishiro Kobayashi1, Yutaka Kohmura1, Eisuke Kuraoka1, Masaya Denda1, Akira Otaka1 (1. Grad. Sch. Pharm. Sci., Tokushima Univ.)

目的:システイン(Cys)側鎖チオール基は、高い反応性を有し、多様な側鎖架橋構造形成に利用されてきた。これら架橋構造の一つとして、トリプトファン(Trp)インドール2位とCys側鎖間でのチオエーテル結合があり、ペプチドの活性への影響に関心が寄せられてきた。しかし、簡便かつ汎用性の高い合成法の確立は未達成である。今回、演者はS-保護システインスルホキシド1を利用する新規方法論の開発を行った。
方法:S-保護システインスルホキシド1は、酸性条件下、求電子剤として活性化され、フェノールと芳香族求電子置換反応を起こすことが報告されている1) 2)。Trpインドール環も同様の反応を起こすと考え、S保護基としてp-メトキシベンジル基を利用し、カチオンスカベンジャー存在下、酸性条件での反応を検討した。
結果:種々検討の結果、保護基(PG)のスカベンジャーとしてグアニジン塩酸塩(Gn・HCl)を添加した場合に最も効率的に反応が進行し、所望のチオエーテル結合形成が確認された。また、予想に反し架橋反応の加速が確認された。
考察:Gn・HCl由来のグアニジンがカチオンスカベンジャーとして機能し、塩化物イオンがS-保護システインスルホキシドのクロロシステインへの変換を誘導する因子として機能すると考察した。
文献:1) Chem. Pharm. Bull. 1979, 27, 1251-2156. 2) J. Protein Chem. 1988, 7, 151-156.