The 141st Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan (Hiroshima)

Presentation information

Oral Presentation

(A) Organic Chemistry

[27V03-pm] アミノ酸・ペプチド①

Sat. Mar 27, 2021 1:15 PM - 3:03 PM [Room V03] Oral Presentation 3 (Online)

座長:栗山 正巳(長崎大院医歯薬)、平井 剛(九⼤院薬)

1:51 PM - 2:03 PM

[27V03-pm04S] Convenient synthesis of cyclic depsipeptides using peptide thioesters

○Daiki Sato1, Honoka Tsunematsu1, Tomoko Ueda1, Chiaki Komiya1, Masaya Denda1, Akira Shigenaga2, Akira Otaka1 (1. Grad. Sch. Pharm. Sci., Tokushima Univ., 2. Fac. Pharmacy Pharm. Sci., Fukuyama Univ.)

目的:エステル結合を有する環状デプシペプチドは、創薬シードペプチドの一つとして注目を集めている。従来、構造的特徴であるエステル結合の形成段階では、反応に関与しない官能基の保護が必要とされ、これが合成上の煩雑さを招いていた。1) この点の改善を目指し、Native Chemical Ligation (NCL) 法2) を、1,2-hydroxythiol構造含有チオエステル1に適用した新規環状デプシペプチド合成法の開発を行った。

方法:直鎖ペプチド1をNCL法の第一段階であるS–Sアシル転移条件に付すことで、まず、チオラクトン体2が生成し、これは分子内S–Oアシル転移によりラクトン体3との平衡混合物になると予想した。続いて、脱流反応に付すことで所望の環状デプシ体4が得られると考えた。

結果:二度のアシル転移は問題なく進行したが、従来から用いられてきた脱硫条件では環状デプシ体4の生成比は低かった。そこで、脱流条件の最適化を行い、環状デプシ体4を効率的に得る条件の検討を行なった。本発表ではその詳細な検討結果を報告する。

文献:1) Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 9093. 2) Science 1994, 266, 776.