The 141st Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan (Hiroshima)

Presentation information

Oral Presentation

(A) Organic Chemistry

[27V03-pm] アミノ酸・ペプチド②

Sat. Mar 27, 2021 3:15 PM - 5:03 PM [Room V03] Oral Presentation 3 (Online)

座長:牧野 宏章(東京理大薬)、井貫 晋輔(京大院薬)

3:15 PM - 3:27 PM

[27V03-pm10] Highly Stereoselective Asymmetric Aldol Reactions Using Feature of Fluorous Proline Catalyst Supported on Teflon®

○Kazuki Ishihara1, Riho Obayashi1, Yuki Kobayashi1, Kotaro Ishihara1, Takayuki Shioiri1, Masato Matsugi1 (1. Grad. Sch. Agri. Sci., Meijo Univ)

当研究室では、フルオラスタグを多点導入したプロリン触媒 1a (Figure 1) を用いて分子間不斉アルドール反応をおこない、反応後には触媒 1a を FluoroFlash® に固定化し、回収・再利用できる反応系を達成している。1) しかしながら、本反応系では、触媒を繰り返し使用する過程で、反応性及び立体選択性の低下が観測された。原因として、FluoroFlash® の酸性度が、触媒の分解を促進している可能性が考えられた。そこで、フルオラス担体として、中性のTeflon® を代替利用した反応系の開発を計画した。
今回演者は、触媒のフッ素含量を増加させることで、触媒をTeflon® に強固に固定化させて回収可能か検討すると共に、不斉アルドール反応に繰り返し使用したときの反応性及び立体選択性を調べた。フルオラスタグを伸長させたフッ素含量53% の触媒 1b (Figure 1) を用いて、ベンズアルデヒドとシクロヘキサノンとの不斉アルドール反応をおこなったところ、高立体選択的にアルドール付加体を与えることが確認できた (99%ee) 。続いて、触媒 1bの回収条件を精査した結果、THF中で反応をおこなった後に反応溶媒を留去し、残渣をメタノールに溶かしてTeflon® (触媒 1b に対して30 倍量) を加え、メタノールと同量の水を添加すれば、触媒1bが Teflon® に固定化し、ろ過により簡便に分離できることがわかった (Figure 2) 。さらに、回収した固相触媒 1b を同反応に繰り返し使用したところ、FluoroFlash® 担持型触媒1aで観測された触媒機能の低下は抑制され、高い触媒活性と立体選択性を維持したまま、少なくとも 5 回まで再利用できることがわかった (conv.: 95-98%, 98-99%ee) 。



Reference
1) Ishihara, K. et al. Tetrahedron Lett. 2020, 61, 151657.