The 141st Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan (Hiroshima)

Presentation information

Oral Presentation

(A) Organic Chemistry

[27V03-pm] アミノ酸・ペプチド②

Sat. Mar 27, 2021 3:15 PM - 5:03 PM [Room V03] Oral Presentation 3 (Online)

座長:牧野 宏章(東京理大薬)、井貫 晋輔(京大院薬)

4:27 PM - 4:39 PM

[27V03-pm16] Application of 7-azabicyclo [2.2.1] heptane derivatives to stabilize single β-strand mimics

Luhan Zhai1, Yuko Otani1, Yukiko Hori1, Taisuke Tomita1, ○Tomohiko Ohwada1 (1. Grad. Sch. Pharm. Sci., University of Tokyo)

βストランドは分子内水素結合を構造化の基盤としているため、短いペプチドにおいて一本鎖でβストランド構造を溶液中安定に構築することは困難である。本研究では、7-アザビシクロ[2.2.1]ヘプタン構造をもつβ―プロリン誘導体を用いてプロトン性溶媒や非プロトン性溶媒中で自己凝集することなく安定な一本鎖βストランドペプチドを設計することを目的にする。すなわち、本研究では、構造化された有機分子Abhアミノ酸(7-Azabicyclo [2.2.1] heptane)をα-アミノ酸配列に組み込むことで、N末端とC末端の両方に由来するコンフォメーション制限がかかり、ストランド間の水素結合が存在しない場合でも、βストランド様の伸びた構造を強制したり、安定化することが明らかになった(図1)。本研究では、1つのAbhアミノ酸残基をペプチド鎖に組み込むことで、少なくともペンタペプチド配列(α-α-β-α-α)に対して、自己凝集や水素結合を伴わないβストランド様伸長構造を安定化させることが示唆された(図1)。1


Reference:
Peptide-based Short Single β-Strand Mimics without Hydrogen Bonding or Aggregation
Luhan Zhai, Yuko Otani, Yukiko Hori, Taisuke Tomita and Tomohiko Ohwada
Chemical Communications, 2020, 56, 1573 – 1576.