The 141st Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan (Hiroshima)

Presentation information

Poster Presentation

(D) Health Sciences

[28P01] 衛生化学・公衆衛生学①

Sun. Mar 28, 2021 9:00 AM - 6:00 PM [Room P01] Poster Presentation (Online)

[28P01-202S] Prevention and improvement of lifestyle-related diseases by ingesting Indian mulberry (noni) juice for middle-aged people
- Examination based on Advanced Glycation End Products (AGEs) –

○Ami Watanabe1, Ichiro Kawano2, Sayoko Nishioka3, Masaki Takaishi1, Satoshi Asano1 (1. Pharm. Sci., IUHW., 2. MARURU Co., Ltd., 3. Pharmakion Plan.)

【目的】終末糖化産物(AGEs)は強い毒性を持ち、体内に蓄積することで、糖尿病や高血圧など様々な生活習慣病の要因となることが報告されている。そして、体内のAGE蓄積量は加齢と共に増加するといわれている。我々はこれまでに、健常な20代成人及び様々な基礎疾患を持つ高齢者を対象にかんぴょうパウダー摂取が体内AGE量を低下させることを見出している。一方、ノニは抗酸化作用などを持つ果実であり、近年糖尿病や高血圧などの改善効果が期待されている。そこで、ノニジュースの摂取による生活習慣病の予防及び改善効果を、生活習慣病の発症が増加してくる中高年を対象に体内AGE量や血糖値などを指標に検討した。

【方法】介護施設従業員の女性(33~59歳)10名に、100%ノニジュース(ロイヤルタヒチ・ノニピュア)を朝食後に30 mLを12週間毎日摂取させた。1週間毎に血圧、脈拍、体温、体重、血糖値、皮膚AGE値を測定した。同時に、実験開始時と実験終了時のHbA1c値を測定した。また、実験期間中の体調などに関するアンケートを行った。

【結果・考察】なお、本抄録は摂取4週間後までの結果についての記載であり、摂取5週間後以後の結果は現在解析中である。血圧、脈拍、体重、体温についてはノニジュース摂取による変化は認められなかった。血糖値・AGE値共に平均値において低下傾向が見られた。さらに血糖値に関しては、2名において初期血糖値が基準値(126 mg/dL)以上の高値を示していたが、摂取1週間後に急激な低下が見られ、その後正常値を維持した。AGE値における低下の傾向としては、摂取1週間後から徐々に低下した者と、摂取1週間後から2週間後にかけて急激に低下した者がいた。そして、便通が改善した際にはAGE値が低下し、一方で便通が悪化するとAGE値が上昇する傾向があった。従って、ノニジュース摂取により血糖値及びAGE値が低下することが示唆され、この効果に便通などの他の要因が影響を与える可能性が考えられた。今後全ての結果を解析し、ノニジュース12週間摂取の効果を報告する予定である。