2018 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

III. Fission Energy Engineering » 304-1 Thermal Hydraulics, Energy Conversion, Energy Transfer, Energy Storage

[1H01-08] Melt Behavior 1

Wed. Sep 5, 2018 10:00 AM - 12:00 PM Room H (B32 -B Building)

Chair:Masahiro Furuya(CRIEPI)

10:15 AM - 10:30 AM

[1H02] Advanced Multi-Scale Modeling and Experimental Tests on Fuel Degradation in Severe Accident Conditions (1)

(No.2) Development of a numerical simulation method of melt relocation behavior for core internals

*Susumu Yamashita1, Yuji Nagae1, Masaki Kurata1, Hiroyuki Yoshida1 (1. Japan Atomic Energy Agency)

Keywords:Computational Fluid Dynamics, Severe accident, melting/solidification, relocation behavior, multi-component flow

原子力機構では、経済産業省受託事業として、既存SA解析モデルが有する不確かさ低減に資するため、燃料破損・溶融の要素過程解析モデルの高度化を行なっている。本研究では、本事業の一部として、原子力機構で開発した3次元多相多成分熱流動解析コードJUPITERに対して溶質拡散モデルと熱力学データベースを新たに導入することで、従来手法が持つ仮定や簡略化を排除あるいは改善できる、燃料集合体レベルでの燃料破損・溶融の機構論的解析手法(以下「詳細解析コード」という)を整備している。本発表では、開発中の詳細解析コードを用いて、炉心での溶融移行挙動を模擬した条件での解析を行い、制御棒や燃料棒で発生すると想定される液相化現象に対する直接的な数値予測への適用を図った結果を報告する。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password