2018 Fall Meeting

Presentation information

Oral presentation

VII. Health Physics and Environmental Science » Health Physics and Environmental Science

[1J07-12] Dose Assessment 2

Wed. Sep 5, 2018 4:20 PM - 6:00 PM Room J (A41 -A Building)

Chair:Tomoyuki Takahashi(Kyoto Univ.)

4:20 PM - 4:35 PM

[1J07] Unsertainty and sensitivity analsysis of doses to the public after the Fukushima Daiichi Nuclear Plant accident

*Shogo Takahara1, Masatoshi WATANABE1,2 (1. Japan Atomic Energy Agency, 2. V.I.C.)

Keywords:Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, Public exposure, Uncertainty and sensitivity analysis

福島事故後の福島市内において6つの被ばく経路からの住民の線量を評価するとともに、評価モデルのパラメータに関する不確実さ・感度解析を実施した。この結果、事故直後およびその後の長期を通じて最も寄与の大きい経路はグランドシャインであり、被ばく線量を精緻化するためには汚染の地域差と屋外活動時間の個人差という2つの変動を考慮することが必須である。また、事故直後の期間では、吸入摂取に関するパラメータの重要度が比較的高くなるという特徴がみられた。したがって、各期間における被ばく線量を正確に評価する際にはこれらのパラメータをいかに精緻化するかが優先順位の高い課題となる。

Abstract password authentication.
Password is required to view the abstract. Please enter a password to authenticate.

Password